Hot Entry
求人探しの定番な方法を知っておこう

求人数の低下は晩婚や少子化の温床

現代はアベノミクスの政策により消費税増税が実施され、物が売れない時代になているのです。そのことによって求人数も低下し、大学を卒業しても仕事に就けない若者が非常に増えているのです。こうした求人の問題は、現代で非常に問題視されている少子化の問題に拍車をかけるものとなっているのです。大学を卒業して正社員として採用されないと、止む無くアルバイトやパート、派遣社員として働かざるをえないのです。こうした雇用形態であると年収も非常に少なく、年収300万を切ってしまいこ結婚して妻や子供を養うことができないのです。

それによって晩婚化が促進したり、生涯独身を貫く男性も少なくないのです。晩婚が促進すると生涯でもうける子供の数は必然的に少なくなり、少子化が加速していくのです。こうした少子化が促進すると、高齢者を支える人口は必然と減り、なおかつ生産人口も減るので国の経済の衰退が加速するのです。このような事態を脱却するにはやはり、さらなる消費増税を見合わせて、景気が活性化する経済を目指すことが大事なのです。物が売れるようになるとそれだけ求人数も増え、サラリーマンの所得もアップし少子化のスピードも緩やかになるのです。

注目の情報

Copyright (C)2017求人探しの定番な方法を知っておこう.All rights reserved.