Hot Entry
求人探しの定番な方法を知っておこう

求人倍率の二極化について

求人倍率が上昇しています。景気の回復傾向が続く昨今、求人倍率の上昇に関するニュースが紙面をにぎわせています。しかし一概に喜んでばかりはいられません。なぜなら、求人倍率の上昇と言っても、それは一部の業界に偏っているからです。

つまり人気のある業界と人気のない業界の二極化が進んでいるのです。人気のある業界とは何でしょうか。それは主にホワイトカラーと言われるオフィスワークです。事務などのオフィスで出来る仕事に人気が集中しているという状況なのです。人気が集中しているから、必然的に求人倍率は低く、仕事が少ない状態が続いています。これに対いて、人気のない業界というのは、ブルーカラーと言われるいわゆる肉体労働です。建設現場や警備業はいまでは敬遠される業種なのです。

しかしこうした求人倍率の不均衡は、日本社会にとって由々しき問題を孕んでいます。東京オリンピックの開催が決まってこの方、世間は建設ラッシュでにぎわっています。しかし建設の受注はたくさんあっても、その担い手がいないというのが現状なのです。日本人の仕事観も変わって、いわゆる3K労働と言われる、肉体的にも精神的にも大変な仕事に就きたくないと考える人が多くなっているのです。

注目の情報

Copyright (C)2017求人探しの定番な方法を知っておこう.All rights reserved.